スワロフスキーとプレシオサの違いを徹底比較 第1回<基礎知識>

スワロフスキー社は2021年10月をもって、DIY部門を撤退。グリッターデコでは現在庫がなくなり次第、順次プレシオサ社の製品に切り替えます。スワロフスキーとプレシオサ、どう異なるのかを徹底比較! 第1回目は基礎知識です。


この記事は、2021年02月27日に https://www.glitter-deco.jp/official_blog/swarovski_preciosa_1.html のURLにアップした記事です。こちらに引っ越ししました。


スワロフスキー、プレシオサとは

スワロフスキー、プレシオサとは


ともに、最高水準のクリスタルガラスを製造する会社です。 

スワロフスキー 

創業者の名前をつけた、オーストリア共和国の会社。


プレシオサ 

貴重な、上品なという意味の、チェコ共和国会社(以前は国営)。



スマホデコやアクセサリー製作にフラットやポイントバックのストーンを使用しますが、日本で高級品と知られているものが「スワロフスキー社」のものです。


クリスタルガラスとは

水晶のように透明で光り輝くガラス。酸化鉛等を添加し製造、高度な技術が必要。普通のガラスに比べて高価。


スワロフスキー、プレシオサを選ぶ理由

得意分野の製品 

クリスタルガラスの製品は、食器、オブジェ、シャンデリア、模造宝石などがあります。皆様がご存知のバカラやマイセンなど、高級クリスタルガラスの製造する会社は世界各国にあります。模造宝石を得意としている会社が、スワロフスキーとプレシオサです。(合成宝石製造、天然宝石の取り扱いも行っています)


入手のしやすさ 

オーストリアやチェコで、クラフト用模造宝石製造を得意としている会社は他にもありますが、日本では入手困難です。どのような製品なのか調べることも難しく、たとえ個人輸入をおこなったとしても、品質が高いスワロフスキーやプレシオサよりも割高になってしまいます。 

スワロフスキーは2020年10月でDIY事業から撤退するため、入手困難になることは確実です。

現在、プレシオサはスワロフスキーに比べ取り扱い業者が少ないため、入手がやや困難です。しかし、スワロフスキーの契約を解除になった小売店が次々とプレシオサを取り扱い始めているので、今後はもっと入手しやすくなりそうです。


高級ガラスストーンでは駄目なのか?

安価なのが魅力のガラスストーン。クオリティーの高いもので、スワロフスキーの6割~7割ぐらいの価格で入手できます。クリスタルガラスでないため透明感が劣りますが2メートルも離れれば、充分綺麗に見えます。(アクリル樹脂製のストーンの場合は5メートルは必要?)


現在私が大量に所持しているスワロフスキーや、以前使用していたプレシオサに比べると、高級ガラスストーンは透明度以外でも劣るところがあります。


ガラスストーンのデメリット 

  • サイズ、色数が少ない 
  • 仕上がりサイズが均一でない。 
  • サイズ違いの色差が大きい。 
  • 生産ロットが異なると、同サイズ同色でも色差がある。 
  • 個体によってカットの差がある。
    ・カット数が少なく、カットに鋭さがない
    ・欠け、割れが多い。 金属フォイル部分に傷がつきやすく剥がれやすい。 
  • オーロラ加工されたものは安っぽくみえ、また剥がれやすい。

ガラスストーンは入手もしやすく、お手頃です。仕上がりにそこまで拘らないかたならば充分ではないでしょうか。

作品の仕上がりに拘るのなら、透明感が高く虹色に輝く スワロフスキー、プレシオサがお勧めです。


環境にも配慮

クリスタルガラスには酸化鉛等が添加されています。鉛は人体や環境に悪影響※を与えます。スワロフスキー、プレシオサは、鉛を添加せずに同等の透明感と虹色の輝きをもつクリスタルガラスを開発しています。10グロスパッケージに、葉のイラストが描かれているものが Lead Free(鉛を含まない)製品です。また、金属フォイルの部分も、安全基準を満たしています。


製品化されたクリスタルガラスは、使用時に鉛がとけだすことはありません。


選ぶ理由 まとめ

  • 模造宝石を得意としている=高度なカット技術、美しく輝く製品。 
  • スワロフスキーはジャパン社があり、プレシオサは日本と直接取引をしている会社がある = 大量に輸入しているため、価格が抑えられている。入手しやすい。正規品である(偽物、アウトレットなどのB品ではない) 
  • 商品のクオリティーが均一で、欠け、割れがすくない。
    ・金属フォイルが強い。 
  • 環境に配慮、安全性が高い。 


 第1回目は数あるクリスタルガラスメーカーのなかで、スワロフスキーとプレシオサを選ぶ理由を書きました。2回目は、スワロフスキーとプレシオサの色、値段、サイズの違いについてです。  

<お申し込み方法>

お問合せから、お申し込みください。


<レッスン日について>

ご希望のお日にちから調整致します。ご希望のお日にちをいくつかお知らせください。土、日、祝、年始年末等長期休暇中もレッスン可能。不定休。11時から20時まで(最終受付18時まで) 遠方のかたはご相談ください。


<アクセス>

東京池袋駅徒歩5分の場所にございます。